シアーミュージックで音痴を克服できた理由とは?

腹式呼吸とは

腹式呼吸

 

呼吸をするときに、肺は空気を吸うと大きくなって、空気をはくと小さくなります。肺が大きくなる時に胸の方に膨らむのを胸式呼吸、お腹のほうが膨らむのが腹式呼吸といいます。

 

特徴としては肩があがったりさがったりするのが胸式呼吸で、お腹が膨らんだりへこんだりするのが腹式呼吸です。一般的に無意識で呼吸をしている時は胸式呼吸という人がほとんどです。

 

腹式呼吸の方が多くの空気を取り入れられるので、歌うときに活用すると声量がでてきて安定性がでてくる効果があります。

 

腹式呼吸の原理とは

 

呼吸は肺に空気が入ったり出たりすること、肺が大きくなったり小さくなったりして行われるものです。肺が大きくなる時には、大きくなるスペースが必要なのですが胸式呼吸の場合には肺の周りの骨格を動かしてスペースをつくります。

 

一方で腹式呼吸の場合には内蔵を押し下げて肺が大きくなるスペースをつくるわけです。胸式呼吸よりも肺が広がるスペースが広いために大きな空気を取り入れやすいということです。

 

腹式呼吸を活用するメリットとは?

安定性がアップする

 

普段行っている胸式呼吸よりも、深く空気を取り入れることができるので肺活量が増えることになります。

 

カラオケをしていて息が苦しいという経験はありませんか?たくさんの空気があることで歌うときに息が苦しくなりにくくて、歌に安定性でてきます。

 

短い時間で呼吸ができる

 

実際に歌っている時には、1拍など短い時間で呼吸をすることが求められますよね?

 

肺呼吸よりも腹式呼吸のほうが短い時間で多くの空気を取り入れることが出来ます。だから早いテンポの曲でも息切れをしないで歌いあげられるようになります。

 

リラックス効果

 

腹式呼吸のメリットにはカラオケだけではなく、健康面でもメリットが有ります。腹式呼吸によって、たくさんの空気を取り入れることでリラックスができます。

 

ちなみに、うつ病の人は呼吸が浅いという特徴があるみたいですね。呼吸の浅い、深いによって気分的な変化があるみたいですね。

 

腹式呼吸の方法 3つのコツ

1.おへその下に空気が入る感覚

 

はじめにお腹がへこむように、口から息をはききってみてください。その後にお腹が膨らむように息を吸って下さい。
この時におへその下の方に息を入れる感覚で腹式呼吸をするのがコツです。つまりお腹を膨らますと言っても、おへその下を膨らます意識で行うということです。

 

はじめは4拍で息をはいて4拍で息を吸うように練習するといいでしょう。なれてきたら7拍で息を吐いて1拍で息を吸うと、より実践的な腹式呼吸の練習になります。

 

2.喉を大きく開く

 

息を吸う時に喉が狭かったら十分に空気を取り入れることが出来ません。舌も口の中でなるべく平らにして空気の通り道を遮らないようにします。

 

そして口は大きく開けすぎる必要はなくて喉と同じくらいの大きさで大丈夫です。

 

喉を大きくあけるコツは大きなものを食べることをイメージすることがおすすめです。例えば手をグーに握ってそれを飲み込むことをイメージして口の前に持って行ってみてください。口を大きく開けるとともに喉も大きく開くのではないでしょうか?

 

その状態で喉の大きさはそのままで、口だけをほどよい大きさにすることで空気をたくさん吸える状態ができあがります。

 

 

3.背中も広げる

 

腹式呼吸の方法ではお腹だけではなく、背中(脇腹の後ろ辺り)も広げることがコツです。意識して広げることは難しいのですが、トレーニングによって広げるようにできます。

 

そのトレーニングとは、仰向けに寝てお腹をふくらませたままで呼吸をすることです。またお腹をへこましたまま呼吸をすることです。

 

お腹を膨らます・へこましたままで呼吸をすることで背中が広がるのがわかるはずです。その感覚をもって腹式呼吸をすることで背中も膨らませることが出来ます。